qoov.to無料映画視聴 海辺の生と死
FC2ブログ

海辺の生と死

81yGjac6IhL_SL1500_.jpg
出演: 満島ひかり, 永山絢斗
監督: 越川道夫

ついては いけないでしょうか
たとえこの身が こわれても
取り乱したり いたしません

はかない恋の一瞬のきらめきを描いた恋愛映画の誕生
傑作「死の棘」を世に放った島尾敏雄と、その妻、島尾ミホ。時は太平洋戦争末期、ふたりが出会ったのは自然と神と人とが共存し、圧倒的な生命力をたたえる奄美群島・加計呂麻島。男はじりじりと特攻艇の出撃命令を待ち、女はただどこまでも一緒にいたいと願った。
たとえそれが死を意味するとしても――。後年、互いに小説家であるふたりがそれぞれ描いた鮮烈な出会いと恋の物語を原作に、奄美大島、加計呂麻島でのロケーションを敢行し、映画化を果たした。

そこは“神の島"― 戦後文学史に残る伝説的夫婦の出会いの物語
昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。
島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。
そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった…。

4年ぶりの単独主演 満島ひかりの比類なき野生の魅力
『愛のむきだし』でブレイク後、『川の底からこんにちは』『悪人』『駆込み女と駆出し男』『愚行録』など一作ごとに評価を高め、テレビドラマ「トットてれび」では黒柳徹子を演じ、唯一無二の存在として活躍の場を広げる満島ひかり。
そんな彼女が『夏の終り』以来4年ぶりの単独主演作に選んだのが『海辺の生と死』である。日本文学の傑作「死の棘」のヒロイン島尾ミホが加計呂麻島で過ごした青春期と人生を決定づけることになった恋を真っ直ぐに体現した。
【映画を見る】【動画を見る】
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
最新記事
フリーエリアp
QRコード
QR