qoov.to無料映画視聴 I Can Only Imagine / アイ・キャン・オンリー・イマジン
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I Can Only Imagine / アイ・キャン・オンリー・イマジン

51iaiwwE2uL_SS500.jpg
監督:アーウィン兄弟
出演:J・マイケル・フィンレイ ブロディ・ローズ デニス・クエイド クロリス・リーチマン マデリン・キャロル ティーゲン・バーンズ トレイス・アドキンス プリシラ・シャイラー ニコール・デュポート ジェイク・B・ミラー マーク・ファーズ

10歳のバート・ミラードはクリスチャンのキャンプに参加することになった。例えほんの数日であっても、暴力的な父親(アーサー)の抑圧から逃れられることは、バートにとって大きな喜びであった。バートはキャンプで出会ったシャノンと親しくなった。帰宅後、バートは母親の姿が見えないことに気が付いた。母親は夫の抑圧に耐えかねて家を飛び出してしまったのである。それに苛立っていたアーサーは怒りを息子にぶつけた。

高校生になったバートはフットボールの選手を目指して日々努力する一方で、シャノンと交際を始めていた。そんなある日、バートは試合中の事故で両足を骨折してしまい、プロへの道が断たれることになった。バートは音楽コースに編入することになり、音響に関する技術を学ぶことになった。作業中、バートが誰もいない部屋で歌っていると、そこに音楽科の教員(フィンチャー)が通りかかった。フィンチャーはバートに歌の才能があると確信し、彼をミュージカル『オクラホマ!』の主役に抜擢した。アーサーとの確執が残っていたため、バートは自分の晴れ舞台に父親を招待できずにいた。その頃、アーサーはがんと闘病していたにも拘わらず、やはり確執が原因で自分の病状を息子に打ち明けられずにいた。シャノンはバートとアーサーの関係修復に動いたが、それが原因でバートと破局することになった。バートは卒業後に故郷を離れ、ミュージシャンになる夢を叶えるべく都会に打って出ることにした。

都会にやって来たバートはマーシーミーの前進となるバンドに所属した。ライブ活動の結果、バートたちはキリスト教音楽のプロデューサーとして名高いスコット・ブリッケルの目に留まった。ブリッケルはナッシュビルでのライブを手配し、一行をエイミー・グラント、マイケル・W・スミスのような大物ミュージシャンに引き合わせた。ミュージシャンへの道が開けたバートは、これをきっかけにシャノンとよりを戻そうとしてライブのチケットを送った。シャノンがライブに来なかったことは残念だったが、観客からの評判は上々であった。バートたちは音楽産業の重鎮たちとの会合に臨んだが、彼らの批評は辛辣極まりないものであった。すっかり意気消沈したバートは「父親が夢を見ることに反対したのは正当だった」と思い、バンドを解散して故郷に帰ろうとした。ブリッケルはそんなバートを「1回の失敗で挫けてどうする」と激励した。彼のアドバイスを受けて、バートはアーサーと真剣に話し合うことにした。

アーサーと和解したバートだったが、程なくしてアーサーはガンのために亡くなった。一連の経験を踏まえて、バートは『I Can Only Imagine』という曲を書き上げた。この曲はバートにとって入魂の一曲であったのは間違いないが、それが音楽史に残るヒット曲になるとは本人も予想していなかった。
【映画を見る】【動画を見る】
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
最新記事
フリーエリアp
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。